Thanks!


プロフィール

パピコ

パピコ・・・38歳  パピ夫・・・39歳 
パピ助・・・ 2歳

結婚11年目 

[2007年]
中ごろ? 
「妊娠レッスン」という本に出会う

12月
不妊治療外来受診 → 医師の反応に疑問を覚え1度きりに

[2008年]
1月
こまえクリニック受診(不妊カウンセリング)

3月末
男性不妊と診断
みなとみらい夢クリニックを紹介してもらう

4月
夢クリ 初受診
男性不妊の診断 くつがえる!
卵管造影 異常なし

IVF memo (1人目)
採卵11回、ET2回、BT10回
-----------------------
採卵①(08.5.20)
-----------------------
・BT②(08.7. )→(-)
・BT①(08.6.24)→(+)→(-)化学流産(1)
・ET①(08.5.22)→(-)

-----------------------
採卵②(08.10.24)
-----------------------
・BT⑥(09.3.31)→(+)→(-)化学流産(2)
・BT⑤(09.3.2)→(-)
・BT④(08.12.31)→(+)→(-) 化学流産(3)
・BT③(08.12.2)→(-)


-----------------------
採卵③(09.7.25) 2 out of 9
-----------------------
・BT⑧HR (09.10.31)→(-)
・BT⑦HR (09.10.1)→(-)
・不育症検査
 →プロテインS欠乏症 (09.10.14)

-----------------------
●採卵④(09.12.23)
-----------------------
・BT⑨HR (10.1.27)→(+)→(-)化学流産(4)

-------------------------
●採卵⑤(10.5.22)
 →1個も培養できず。(8個採卵)

-----------------------
●採卵⑥(10.10.5)
-----------------------
・BT⑩ (10.11.6)→(-)

-----------------------
●採卵⑦(10.12.1)
-----------------------
・(ET②) (10.12.)→受精せず終了

----------------------
●採卵⑧(10.12.27)
-----------------------
・(ET②) (10.12/.9?)→胚盤胞に育たず終了


----------------------
●採卵⑨(11.1.24)
-----------------------
・ET②(11.1.26)→(-)

----------------------
●採卵10 (11.4.17)
4月周期→1個採卵、2日目2分割でETできず、6日目胚盤胞にて凍結→次周期にドミノ移植。
3月周期→東日本大震災。自己判断で中止。
2月周期→採卵中止。一つの卵子の成長が速い。
-----------------------
・(ET③)(11.4.19)→分割スピード遅く、ET中止。胚盤胞にて凍結。次周期にドミノ移植。⇒この卵子で妊娠、出産にいたりました。
----------------------
●採卵11 (11.5.17)
-----------------------
・BT10(11.5.21)→ドミノ移植。(+) → 2012.2 出産
1個採卵、2日目2分割でETできず、6日目胚盤胞にて凍結。
この凍結胚盤胞→ 2人目治療で移植


ブロとも申請フォーム


パピコにメッセージを送る

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示


QRコード

QR

にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
パピコはフルタイムで仕事をしながら不妊治療している。
たまぁ~に、というか割りかし頻繁に仕事を辞めたくなる。
  • 採卵・移植前後はわりと頻繁に通わなければならない。
  • 通院の日程は卵胞の発育具合などに左右されるので、
    前もって休暇の申請がしづらい。
  • 私の仕事は、休んだ分を次の日に2倍働いて挽回できるという類のものではない。
    人手が足りないと、同僚に負担がかかる。
  • 休暇を処理する上司は、守秘義務という概念が欠如している。
  • 有給休暇が底を付き始めている。
  • 病気休暇の制度があるけど、利用する度に診断書を提出しなければいけない。
  • 「嘘をついて」仕事をやすんでいる。
    同僚たちに対して罪悪感あり。

本当はキチンと不妊治療をしている旨を話して、
職場も私も納得した上で治療に通った方が精神衛生上は良いけど、
不妊治療のことを面白おかしく話されたり、憐れんだりされるのが堪えられない。
(そういう職場なんだよね・・・)

移植後の妊娠判定で陰性だった日や、
化学流産と判定された時などは、
誰にも会いたくなくて、仕事を辞めて家に引きこもりたいと心の底から思った。

それでも仕事を辞めないのは、
子供たちが可愛いのと(職種は保育関連)、
仕事をしている間は不妊のことについて考える暇がないから。
仕事を辞めてしまうと、家で一日中、考えて悶々としそう。

数時間しかかからない検査通院の日は、
しばらくは「病気休暇」を使って乗り切ろうと思う。
(丸一日休まなければ、診断書必要なしなので)
職場では、信頼のおけるクラス・パートナーには治療の件を話してある。
あと1回の採卵・移植まではこれで乗り切れると思うけど、
それ以上長引いたら、辞めるしかないかなぁ・・・。

子供が産まれたら、仕事はいつ辞めてもいいと思っている。
今は職場の子供たちに癒されてるから、
しばらくはあの子達に甘えてしまおう。
スポンサーサイト
 

コメント

はじめまして

パピコさんはじめまして
私も治療が長くなるにつれ仕事との両立
に悩んでるこのごろです
私も保育士です。休みとりづらいですよね。
私は職場に治療のこと話してます。
なので理解はしてもらってますが
こう結果がいつもでないといたたまれなくなります。
それに胚移植したあとはやはり不安とのたたかいです
ほんとなら安静にしたいにですが仕事をしてるとそうは
いかないですよね。
子ども達の突然の動きに対応するたびハッとしてしまいます
私も特に今は0歳児の担任なので癒されてますが・・・
今年結果がでなければ仕事のこと考えているこのごろなんです。

コメントありがとうございます

ミニじゅんさん

こんにちは。
そうそう、私も同じです。
移植のあとは、子供たちと接するのもドキドキで、
そういうことが続くと、滅入ります。
私の受け持ちは3~5歳の混合クラスで、
外遊びの時間なんかは飛びつかれたり、
ボールが飛んできたり、色々です。
普段は、子供たちと思いっきり遊ぶのが楽しくて、
それがストレス発散になるのですが、
移植後は、逆にそれが心配の種なんです。

お互いに、早く良い結果が得られるといいですね!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。