Thanks!


プロフィール

パピコ

パピコ・・・38歳  パピ夫・・・39歳 
パピ助・・・ 2歳

結婚11年目 

[2007年]
中ごろ? 
「妊娠レッスン」という本に出会う

12月
不妊治療外来受診 → 医師の反応に疑問を覚え1度きりに

[2008年]
1月
こまえクリニック受診(不妊カウンセリング)

3月末
男性不妊と診断
みなとみらい夢クリニックを紹介してもらう

4月
夢クリ 初受診
男性不妊の診断 くつがえる!
卵管造影 異常なし

IVF memo (1人目)
採卵11回、ET2回、BT10回
-----------------------
採卵①(08.5.20)
-----------------------
・BT②(08.7. )→(-)
・BT①(08.6.24)→(+)→(-)化学流産(1)
・ET①(08.5.22)→(-)

-----------------------
採卵②(08.10.24)
-----------------------
・BT⑥(09.3.31)→(+)→(-)化学流産(2)
・BT⑤(09.3.2)→(-)
・BT④(08.12.31)→(+)→(-) 化学流産(3)
・BT③(08.12.2)→(-)


-----------------------
採卵③(09.7.25) 2 out of 9
-----------------------
・BT⑧HR (09.10.31)→(-)
・BT⑦HR (09.10.1)→(-)
・不育症検査
 →プロテインS欠乏症 (09.10.14)

-----------------------
●採卵④(09.12.23)
-----------------------
・BT⑨HR (10.1.27)→(+)→(-)化学流産(4)

-------------------------
●採卵⑤(10.5.22)
 →1個も培養できず。(8個採卵)

-----------------------
●採卵⑥(10.10.5)
-----------------------
・BT⑩ (10.11.6)→(-)

-----------------------
●採卵⑦(10.12.1)
-----------------------
・(ET②) (10.12.)→受精せず終了

----------------------
●採卵⑧(10.12.27)
-----------------------
・(ET②) (10.12/.9?)→胚盤胞に育たず終了


----------------------
●採卵⑨(11.1.24)
-----------------------
・ET②(11.1.26)→(-)

----------------------
●採卵10 (11.4.17)
4月周期→1個採卵、2日目2分割でETできず、6日目胚盤胞にて凍結→次周期にドミノ移植。
3月周期→東日本大震災。自己判断で中止。
2月周期→採卵中止。一つの卵子の成長が速い。
-----------------------
・(ET③)(11.4.19)→分割スピード遅く、ET中止。胚盤胞にて凍結。次周期にドミノ移植。⇒この卵子で妊娠、出産にいたりました。
----------------------
●採卵11 (11.5.17)
-----------------------
・BT10(11.5.21)→ドミノ移植。(+) → 2012.2 出産
1個採卵、2日目2分割でETできず、6日目胚盤胞にて凍結。
この凍結胚盤胞→ 2人目治療で移植


ブロとも申請フォーム


パピコにメッセージを送る

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示


QRコード

QR

にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2008年1月

新・妊娠レッスン―ふたりの妊娠力がみるみるアップする新・妊娠レッスン―ふたりの妊娠力がみるみるアップする
(2007/12)
放生 勲

商品詳細を見る


たまたま駅の本屋で手に取った「妊娠レッスン」という本。
この本に出会っていなかったら、私たちはまだ分けのわからない闇の中をグルグルと廻っていたかもしれない。
著者の放生先生は、「不妊ルーム」というカウンセリングのサイトを主催していらっしゃる。こまえクリニックの院長。
クリニック自体は内科です。
先生自身の不妊治療「患者」としての経験を踏まえて、
必要のない人にまでマニュアルの流れに乗った不要な検査や「治療」がダラダラと行われることに警鐘をならし、
漢方を使ってまず体の妊娠する力(ちから)を高めてあげよう、
というアプローチを取っている。
この本を読んで、私はカウンセリングを受けることを決め、
こまえクリニック(以下、こまクリ)に行きたいな、とは思ったものの、
(行けない距離ではないけど。。。)
通うとなったら地元の方が何かと都合がいいだろうと考え、
(仕事もあるし。。。)
ネットの口コミで評判の良かった地元の不妊治療機関へ!
1ヶ月位先の日付しか予約が取れなかったが、
有休を使っていざ!

→撃沈・・・。(この件に関してはいつか別の機会に・・・)

地元の不妊治療機関に失望(絶望?)した時、
パピ夫が「こまえに行こう」、と言ってくれた。
早速電話するが(初回カウンセリングは要予約。時間をかけてカウンセリングするため)
「新」のついてない「妊娠レッスン」を持っていたのだけど、
カウンセリング前に「新」を読んできてとのことだったので、
もちろん読んで行く。

本の中の放生先生と実際にお会いした放生先生の印象は少し違ったけど
本の方が柔らかい感じを受ける。そのギャップに戸惑う人もいるかもしれないけど、
私は平気だった。
信念を持ってこの不妊カウンセリングに取り組んでいるんだな、
というのがヒシヒシと伝わってきて、
「この先生を信頼して頑張ろう」と思えたから。
パピ夫のお父さんに雰囲気がソックリで(笑)、
私は放生先生みたいなタイプにかなり免疫があったと思うけど(笑)

パピ夫も放生先生に対する感触は私と同じで、
「信頼できる先生に会えて良かったな」と安心した。
 

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。