Thanks!


プロフィール

パピコ

パピコ・・・38歳  パピ夫・・・39歳 
パピ助・・・ 2歳

結婚11年目 

[2007年]
中ごろ? 
「妊娠レッスン」という本に出会う

12月
不妊治療外来受診 → 医師の反応に疑問を覚え1度きりに

[2008年]
1月
こまえクリニック受診(不妊カウンセリング)

3月末
男性不妊と診断
みなとみらい夢クリニックを紹介してもらう

4月
夢クリ 初受診
男性不妊の診断 くつがえる!
卵管造影 異常なし

IVF memo (1人目)
採卵11回、ET2回、BT10回
-----------------------
採卵①(08.5.20)
-----------------------
・BT②(08.7. )→(-)
・BT①(08.6.24)→(+)→(-)化学流産(1)
・ET①(08.5.22)→(-)

-----------------------
採卵②(08.10.24)
-----------------------
・BT⑥(09.3.31)→(+)→(-)化学流産(2)
・BT⑤(09.3.2)→(-)
・BT④(08.12.31)→(+)→(-) 化学流産(3)
・BT③(08.12.2)→(-)


-----------------------
採卵③(09.7.25) 2 out of 9
-----------------------
・BT⑧HR (09.10.31)→(-)
・BT⑦HR (09.10.1)→(-)
・不育症検査
 →プロテインS欠乏症 (09.10.14)

-----------------------
●採卵④(09.12.23)
-----------------------
・BT⑨HR (10.1.27)→(+)→(-)化学流産(4)

-------------------------
●採卵⑤(10.5.22)
 →1個も培養できず。(8個採卵)

-----------------------
●採卵⑥(10.10.5)
-----------------------
・BT⑩ (10.11.6)→(-)

-----------------------
●採卵⑦(10.12.1)
-----------------------
・(ET②) (10.12.)→受精せず終了

----------------------
●採卵⑧(10.12.27)
-----------------------
・(ET②) (10.12/.9?)→胚盤胞に育たず終了


----------------------
●採卵⑨(11.1.24)
-----------------------
・ET②(11.1.26)→(-)

----------------------
●採卵10 (11.4.17)
4月周期→1個採卵、2日目2分割でETできず、6日目胚盤胞にて凍結→次周期にドミノ移植。
3月周期→東日本大震災。自己判断で中止。
2月周期→採卵中止。一つの卵子の成長が速い。
-----------------------
・(ET③)(11.4.19)→分割スピード遅く、ET中止。胚盤胞にて凍結。次周期にドミノ移植。⇒この卵子で妊娠、出産にいたりました。
----------------------
●採卵11 (11.5.17)
-----------------------
・BT10(11.5.21)→ドミノ移植。(+) → 2012.2 出産
1個採卵、2日目2分割でETできず、6日目胚盤胞にて凍結。
この凍結胚盤胞→ 2人目治療で移植


ブロとも申請フォーム


パピコにメッセージを送る

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSリンクの表示


QRコード

QR

にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2008年、大晦日に移植をしたのですが、
その時から今にいたるまで引きずっていることを、
ついにここで書いちゃおうと思います。

この件があってから、ブログを書くのもなんだかしんどくなっちゃって。

かなーり独り善がりな記述が続くと思うけど、勘弁してくださいなー。
これが今の私の正直な気持ちです。
ここは私の場所なので、許してください。
ここで吐き出して楽になりたいので、批判などは勘弁してくださいー。

えっと、私は子どもが好きだ。というのを最初に言っておきます。
保育園で働いていたし、ずっと何かしら子どもに関わる仕事をしているし、
将来やりたいことも、そんな方面です。

不妊治療を初めてからも、
自分のクラスの子どもたちと接するのは平気だったし、
むしろ癒されてパワーももらっていたし、
お迎えに来るママたちにも、なんともなく接してきた。

撃沈したりして凹んでいる時は、
電車の中でベビーカーを押してる「母親」に会うと、
心がチクンとする。特に乳児を連れている場合。
公共の場で子どもが暴れてるのに何にもしないのを見たりすると、
「ちゃんと叱らないのかよー」とトゲトゲした感情を持つことがある。

それでも、世間一般では、子どもを産むのは当たり前だし、
子どもが授からない私の立場の方が特殊で、
私が私の事情でイチイチそんなことに凹んだり、
「勝手に」傷ついてるだけだってわかってるんだよー。
だから、心の中で毒づいてても、
決してそんなこと口にも態度にも出さないし、
私の事情だけ押し付けて、相手を不快にさせるようなことはしない。
外にいる時は、そうやって割り切ることができる。

でも、でも、でも、でも。
夢クリで子どもの姿を見るのは辛いんだよ。
二人目不妊であろう方々が子どもを連れて診察に来る。
正確には、夢クリで「母」の存在を見せ付けられるのがキツイ。
クリニックにはキッズルームもあるし、
子どもを連れて来る環境が整っているんだけど、
キッズルームで待っていても、診察の順番が来れば、
そこから子どもを連れて診察室へ移動しなければならないわけで、
そこで「ママー!待って~!」とか聞こえてくると、チクンとするわけです。
待合室を全速力でかけっこしても、何の注意もしない人を見ると、
腹が立ってしょうがないです。(それでも言わないけど)
特に、撃沈した日なんかは、キツイ
「全然期待してなかったから、平気だよ~」と自分の心を偽って(自己防衛ね)ても、
実際はかなりショックを受けてるから、
そんな時に、
私が望んでも望んでもなれない「母」という存在に既になっている人の姿を見ると、
キツイ。

我ながら心が狭いと思うけど、
他の場所では割り切れることが、上手く処理できない。
夢クリは、そこにいる人の100%が子どもが欲しくて来ている場所。

私は、もし幸運にも子どもが授かったとして、二人目も夢クリにお世話になる。
自然妊娠できないいのだから。
でも、その時は、絶対に子連れでは行かない。
専業主婦だったとしても、
どこかしら一時保育を探して探して探しまくって預けるか、
パピ夫のお母さんにお願いしまくって預けるか、
パピ夫に仕事を休んでもらうか、
とにかくどうにか都合を付けて、一人で診察に行く。

子どもがいる人から見たら、
「子ども預けるのって、大変なんだよー!わかってないなー」って思うかもしれないけど、それでも、そうする。
私は預かる方で働いていたから、
預かってもらう場所を確保する大変さ、
全くわからないわけではない。
当事者(預けたい立場)になったことないから、
本当の大変さを知らないかもしれないけど、
それでも、絶対、夢クリには子連れで行かない。

えー、長くなりましたが、実はここまでがエピローグです(笑)

本題は、私が不妊治療の話をいつも聞いてもらっている
かなり信頼していた知人に、この話をした時のこと。
不妊(彼女はタイミング治療)経験者で、妊娠しない辛さや、
他の人の妊娠を聞いたときの妬み、
そして、それによって自己嫌悪になることとかわかってくれてて、
いつもサッパリ素敵な彼女でさえ、そういう気持ちになるんだったら、
パピコがそうなってもしょうがないよね。って、かなり私の中で心の支えだったんだ。

彼女に、「私は絶対、夢クリには子連れで行かない」と話した時、
私の予想に反して、
「自分の友だちは今、2人目不妊だけど(一人目は自然妊娠)、
自分の子ども(一人目)の可愛さを知っている分、
2人目ができない方が辛いって言ってたよ」と言われた。

私は、ショックだった。
友人の話、として語っていたけど、
私にはそれは彼女の言葉に聞こえ、そう受け取った。
彼女はその時、第3子妊娠中で、多分、私が勝手に想像するに、
タイミング治療中には子どもを連れて病院に行ってたから?
私が話したことが、自分が非難されたと受け取って、
彼女のホットスポットに触ってしまったのかな、って思った。
だって、いつもの彼女なら、本当に友だちがそう言っていたとしても、
不妊治療をしている私にそんなことを言うはずがないのだ。
人の痛みがわかる人で、気持ちに寄り添える人だから。

彼女が通っていたのは多分、分娩もやっている産婦人科で、
夢クリのような「高度生殖医療機関=子どもが欲しいけどなかなか授からない人だけがいる場所」ではなく、子連れの人も多かったろうし、それで良いのだろうと思う。
(私のポイント、夢クリ=高度生殖医療機関 とは違う、もし私が産婦人科で治療を受けていたら、そこに子連れの人がいることは、どうにかこうにか割り切れたと思う。。。)


私は、彼女の言葉が心に刺さったまま、
翌日に移植をし、その後もずっと引きずっていた。
こんなにも引きずってしまったのは、誰であろう、彼女に言われたからだろうな。

私にとって、どうでもいい人から言われたのであれば、
同じ内容でも瞬時に私の脳から消え去ったと思う。
でも、わかってもらえると思っていて、わかってもらいたいとも思っていた人から
予想外の反応が返ってきて、
私はしばらく、それをどこへも吐き出せず、
吐き出す事が怖くもあった。
彼女の言うことは、いつもとても的を得ていたし、
普段とってもサッパリした性格で、
そんな彼女にああいうことを言わせてしまったのか、私は、とか、
やっぱり私は自分勝手なのか、と凹みに凹んだ。
彼女の言葉に納得できず、消化することもできず、
そして、納得も消化もしたくない、って思っている自分もいた。

不妊治療を初めてからは、いろいろな自己嫌悪と戦ってきたけど、
「今のパピコはこういう状態だから、しょうがない」と割り切ってきて、
(そうしないと前に進めないし)
そういう感情を理解してくれ、当時は私の周りで高度不妊治療ではなくても、
不妊治療経験者は彼女だけで、その唯一の人から、「拒絶」されたことは、応えた。
不妊治療以来、色んなことを割り切る術を会得した私でも、
割り切れない何かが、ずっと心に刺さりっぱなしで、
どうにもこうにもできなかった。

パピ夫にも、言えなかった。

不妊治療を始めてからというもの、
不妊治療に限らずとも、その当事者しかわからない辛さがあるということを
嫌というほど思い知った。
それと同時に、これまで私がいかに自分の知らない世界や痛みに鈍感だったかを突きつけられた。
(これはまた、別の記事に・・・)

一人目不妊も、二人目不妊も、子どもが欲しいのにできない辛さ、
治療がなかなか上手く行かない辛さ、そういう共通の部分はたくさんある。

そして、二人目不妊には、私にはわからない辛さがあるのだと思う。

でも、決定的に違うことがある。
ゼロか、1か。

私は、治療が上手くいかなかった場合、一生、ゼロかもしれない、という恐怖と戦っている。

私が「夢クリに子連れで行かない」と決意したのは、
別に一人目不妊の方が辛い、何て思ったからではない。
ただ、私は一人目不妊を経験しているから、
治療中の人の中には夢クリで子どもを見るのが辛いって思う人がいることは知っているし、
知っている以上、できるだけ配慮したいって思う。
そして、一人目不妊の辛さがわかる自分でよかったな、と思う。
幸運にもママになれたとして、
不妊治療をしなくてもそういう気持ちに気付けたらベストだけど、
私はもし自然妊娠してたら、そういうことに全く配慮できないままだっただろうし、
一生気づかないまま、意図せず人を傷つけていたかもしれない。
だから、そういう意味では、私は不妊を経験してよかったと思う。

私にとって「当たり前」のことが、他の人にとっては必ずしもそうじゃないこと、

他の人にとって当たり前で簡単にできることが、私にはものすごく大変なこと、

気づくことができて本当に良かった。
世の中の全てのことに配慮してたら、がんじがらめでニッチモサッチモいかなくて、
そんなことは無理だけど、
そういうことに無知・無関心でいるのと、心に留めて行動するのとでは、
同じ行動を取るにしても、全く意味が異なるよね。

そして、また話が戻っちゃうけど、
やっぱり
「自分の子ども(一人目)の可愛さを知っている分、2人目ができない方が辛い」
というのはどうしても消化できない。
100歩譲って、一人目も体外受精で授かって、
二人目を治療中の人の発言なら「まだ」わかる。それはその人の実感だから。
でも、一人目を自然に授かって(苦労せずに、という意味で)、
二人目不妊の人がそれを言うのは、違うかなって思う。
だって、一人目を授からない辛さを経験していないのに、どうして比較できるの?

確かに私は自分の子どもの可愛さを本当の意味で知らないけど、
(保育園で働いている頃、逆上した親にたまーに言われたなぁ。
 「あなたは子どもがいないからわからないのよっ!」)
それを知りたいと熱望している人がいること、
そして、
自分の子供の可愛さを知らないまま一生を終わるかもしれないという恐怖を、
一人目を自然に授かった人たちは、きっと知らない。

当事者しか本当の辛さはわからないけど、
その気持ちに寄り添うことはできる。
辛さを想像してみることはできる。

何だかこの数カ月、私は何に傷ついているんだろうと考え続けていた。

私は、彼女が出産したというのに、会いにいくことができずにいる。
パピ夫(もともと、パピ夫の方が彼女と仲が良い)は、
私が赤ちゃんを見るのが辛いのだろうと思っていたけど、
そうじゃなくて、アレ以来、悲しいことに、私は彼女に心を開けずにいる。
そのことをやっとパピ夫に話せたのは、3月も終わりの頃。
「そんなこと言ったの!?」と、かなり、びっくりしていた。
だって、普段そんなこと口にする人じゃぁないことは、
パピ夫もよーく知ってるから。

私が、まだ彼女の言葉を消化できない、と言うと、
「それは○がおかしいから、消化なんかしなくていい」と一蹴。
そうなの?
パピ夫は、普段、感情的になりすぎる私をドウドウドウ、と宥めるタイプなんだけど、
今回の話をしたら、
「俺も、アレ(キッズルーム)ってヒドイと思ってたんだよー」と。
そっか。パピ夫もそう思っていたのか。
パピ夫は、不妊治療やその結果に対して、私ほど(というか、全く)センシティブになっていない。
いつも冷静な目で治療や治療に取り組む私を見つめるパピ夫でも
そう言う風に感じるということは、
私だけの身勝手な意見じゃなかったのかもしれない、と少しホッとした。

どうしても預けられない人とか、いるかもしれないし、
あった方が便利なことは確かだし、
キッズルームがないことで診察を受けられない人がいるのは残念なことだから、
キッズルームはクリニックの外に併設するとか、
キッズルームから待合室を通らずに診察室に入れるとか、
ほんの少しの工夫で、解決するんじゃないのかなー、って思うんだけどな。。。

そして、パピ夫に話して数日後、
最近知り合った夢クリ仲間とご飯を食べてる時にこの話をし、
「自分の子ども(一人目)の可愛さを知っている分、2人目ができない方が辛い」に関してはみんなで、「それはないー」となり、(やっぱり、ゼロか、1か、って話で)
ちょっとだけスッキリ。

まだ彼女とは会えそうにないパピコだけどね。
だけど、ここに書くことができたということは、少しは前進しているのかもしれない。
 
体外受精(IVF)に進む時、仕事を続けるかどうか迷った。

1回目のIVFが失敗に終わった時、仕事を続けるかどうか、迷った。
子供と遊んだり、ぶつかったり、ずっと立ってたりしてること、
影響するんじゃないか、とか、
そんなことを考えてしまって子供達と思う存分遊べない自分に嫌気が差したり。

2回目のIVFで着床、妊娠がわかった時、仕事を続けるかどうか迷った。
生まれて初めて着床して「妊娠」と言われて、
それを失いたくなかったし、不安要素を抱えるのは嫌だな、って思ったり。

有給休暇が底を尽きはじめて、
どうやって休みを取ろうか考えてる時、仕事を続けるかどうか、迷った。


それでも、結局は仕事を続けるほうを選んだのは、
仕事が好きだということと、
仕事をしている間は不妊治療のことを忘れられるから。
(完全にではないけど。
 移植後は、ぶつかったり、飛びつかれたりしたらどうしよう、なんて考えたりして)
治療のストレスを仕事で解消していた。

だけど、最近仕事の体制が変わって、
仕事がとってもストレスになった。
毎日悶々として、イライラして、どうしようもなくなった。
「仕事は楽しく♪」がモットーのパピコだけど、
自分でなんとかできる範疇を超えている。

何もしないでイライラしたりするのは嫌なので、
きちんと自分が困っていることを伝えて、
職場のみんなが公平になるようにリクエストをした。
1週間様子を見て、
環境が良くならないようなら辞めよう、と決めた。

1週間という期間を短いと思う人もいるかもしれないけど、
私たちを管理する立場になった人が、
要望を聞き入れて、改善しようとしてくれて、
でもすぐには結果がでない、ということではなくって、
「自分には関係ない」という態度に、私の愛想は尽きた。

来月の採卵を前に退職を決意。
今日 マネージメントに伝えた。

心残りは子供たちと、クラスのパートナー。
負担が増えるのは目に見えてる。
申しわけない気持ちでいっぱい。

でも、不妊治療のストレスもあるのに、
この環境では働けないという私の気持ちを受けとめてくれた。
感謝。


四六時中 家にいると、私は「ダメ人間」になってしまうので、
午後からできるバイトをしようかな。
デスクワークで。
午後からだと、採卵や移植以外の日の検診は間に合うし。
 
パピコはフルタイムで仕事をしながら不妊治療している。
たまぁ~に、というか割りかし頻繁に仕事を辞めたくなる。
  • 採卵・移植前後はわりと頻繁に通わなければならない。
  • 通院の日程は卵胞の発育具合などに左右されるので、
    前もって休暇の申請がしづらい。
  • 私の仕事は、休んだ分を次の日に2倍働いて挽回できるという類のものではない。
    人手が足りないと、同僚に負担がかかる。
  • 休暇を処理する上司は、守秘義務という概念が欠如している。
  • 有給休暇が底を付き始めている。
  • 病気休暇の制度があるけど、利用する度に診断書を提出しなければいけない。
  • 「嘘をついて」仕事をやすんでいる。
    同僚たちに対して罪悪感あり。

本当はキチンと不妊治療をしている旨を話して、
職場も私も納得した上で治療に通った方が精神衛生上は良いけど、
不妊治療のことを面白おかしく話されたり、憐れんだりされるのが堪えられない。
(そういう職場なんだよね・・・)

移植後の妊娠判定で陰性だった日や、
化学流産と判定された時などは、
誰にも会いたくなくて、仕事を辞めて家に引きこもりたいと心の底から思った。

それでも仕事を辞めないのは、
子供たちが可愛いのと(職種は保育関連)、
仕事をしている間は不妊のことについて考える暇がないから。
仕事を辞めてしまうと、家で一日中、考えて悶々としそう。

数時間しかかからない検査通院の日は、
しばらくは「病気休暇」を使って乗り切ろうと思う。
(丸一日休まなければ、診断書必要なしなので)
職場では、信頼のおけるクラス・パートナーには治療の件を話してある。
あと1回の採卵・移植まではこれで乗り切れると思うけど、
それ以上長引いたら、辞めるしかないかなぁ・・・。

子供が産まれたら、仕事はいつ辞めてもいいと思っている。
今は職場の子供たちに癒されてるから、
しばらくはあの子達に甘えてしまおう。
 

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。